たけろぐ

動物・植物メインのブログ.最近は日本の淡水魚ばっかり.

    【マトウダイ科】日本産カガミダイ属2番目の種

    Kai, Y. & Tashiro, F. 2019. Zenopsis filamentosa (Zeidae), a new mirror dory from the western Pacific Ocean, with redescription of Zenopsis nebulosa. Ichthyological Research, DOI: 10.1007/s10228-018-00679-1

    日本産カガミダイ属が2種になりました。

    イトヒキカガミダイZenopsis filamentosa Kai & Tashiro, 2019

    あれ?マトウダイも複数種いるんでしたっけ?

    【ウミヘビ科】日本産ウミヘビ属

    Hibino, Y., McCosker, J.E. & Tashiro, F. 2019. Four new deepwater Ophichthus (Anguilliformes: Ophichthidae) from Japan with a redescription of Ophichthus pallens (Richardson 1848). Ichthyological Research, DOI: 10.1007/s10228-018-00677-3

    日本産のウミヘビ属が4種増えました。
    それに加え、日本産ウミヘビ属が整理されました。

    まず、新種記載された4種はこちら。
    クサナギウミヘビOphichthus kusanagi Hibino, McCosker & Tashiro, 2019
    ヤマイヌウミヘビOphichthus lupus Hibino, McCosker & Tashiro, 2019
    ツマリウミヘビOphichthus oligosteus Hibino, McCosker & Tashiro, 2019
    モノサシウミヘビOphichthus yamakawai Hibino, McCosker & Tashiro, 2019

    そして、タルミウミヘビの学名が変わるようです。
    タルミウミヘビOphichthus pallens (Richardson, 1848)

    ホタテウミヘビの学名も変わるようです。
    ホタテウミヘビOphichthus zophistius (Jordan & Snyder, 1901)
     
    Ophichthus altipennisとは別種だったということみたいです。
    一昔前の学名に戻った感じです。
    セトモンガラドオシ(アイモンガラドオシ)はホタテウミヘビのシノニムのようです。

    で、Ophichthus altipennisですが、この種も日本にいるようです
    和名はヒレハシグロウミヘビがつけられたこともありますが、和名の元となる標本はホタテウミヘビと同種かもしれません。そうなると別の和名が付くでしょう。

    それから、フチナシウミヘビも学名が変わります。
    フチナシウミヘビOphichthus sangjuensis (Ji & Kim, 2011)

    ウミヘビ属に仲間入りしたということです。

    あと、カケイウミヘビ(カチドキヘビウナギ)はイナカウミヘビのシノニムとなったようです。

    だいたいこんな感じでしょうか。

    2019年ですね

    こんにちは。
    2019年になりましたね。

    とりあえず私的2018年のニュースです。早速振り返りましょう!

    ●自動車を廃車にした
    秋のことですが、廃車にしました。元から今年の5月の車検に合わせて廃車にしようかな、と考えていたのです。
    が、 ぶつけられました。丁字路横からダイレクトアタックです。
    一部の窓とドアが開かなくなりました。修理代はとても払える額ではなく、乗り続けるのも不安なため廃車に。
    新しい自動車は買う予定はありません。

    廃車にしたことでお金がたまると良いのですが…

    ●論文を書いた
    地元の小さな川の魚類相の論文を書きました。
    論文を書いたのは卒論以来です。
    今年出るであろう雑誌に載るはずです。地元の図書館で読めるかと思います。

    ●年末年始は実家で過ごしました
    お年玉はもらえないですけどね。ダラダラしていました。

    おしまい。

    【イットウダイ科】日本産イットウダイ属16番目の種

    萩原清司・本村浩之.2018.奄美群島加計呂麻島から採集された日本初記録のイットウダイ科魚類Sargocentron iota コガシラエビス(新称).魚類学雑誌,DOI: 10.11369/jji.18–035

    日本産イットウダイ属が1種増えました.

    コガシラエビスSargocentron iota Randall, 1998

    和名を見るとSargocentronよりもNeoniphonの方がイットウダイ属感がありますね.
    それはさておき,これで日本産イットウダイ属は以下の16種となります.

    クラカケエビス
    ニジエビス
    バラエビス
    ハナエビス
    コガシラエビス
    テリエビス
    スミツキカノコ
    ヒメエビス
    クロオビエビス
    ホシエビス
    アヤメエビス
    トガリエビス
    イットウダイ
    アオスジエビス
    サクラエビス
    スミレエビス

    川採集 北海道 その13(十勝川水系) 2018/5/12

    こんにちは.
    前回の続きです.

    今回で北海道は最終回となります.
    今年の春の出来事だったのに,気が付けば12月です.
    ささぼりすぎたわけではありません.時が経つのが早すぎただけです!

    5月12日,最後はこの川に決めた!

    P5120973_地点2
    端的に言って素晴らしい環境でした.

    P5120974_トミヨ1

    P5120998_トミヨ4_2
    別個体.

    P5120976_イトヨ1
    いましたいました.せっかくの北海道,これを見ずには帰れません.

    P5120981_イトヨ1_2 P5120982_イトヨ1_2 P5120983_イトヨ1_2 P5120985_イトヨ1_2
    イトヨ自体あまり見たことなかったので驚きました.
    トミヨより一回り大きいんですね!

    P5120987_イトヨ2_2
    幼魚.

    P5120996_トミヨ3_2
    エゾトミヨ?
    今までは「十勝川水系にエゾトミヨ?いるわけねぇだろ( ´,_ゝ`) プッ派」だったのですが,
    これを見てから
    「十勝川水系にエゾトミヨ?あ,あぁ…ぽいヤツいるよな派」になりました.

    P5120989_トミヨ2_2
    別個体.
    こちらもエゾトミヨに近い.

    P5121001_下流
    30分ほど歩いて下流に来ました!

    P5121016_サケ_2
    サケ
    バイカモとサケ.
    まあこの場所はアレがナニしているのでこの時期はこんな北海道っぽい写真が撮れるのです.
    右上の気泡が残念過ぎますが.

    というわけで今回はここまで.
    また次回.
      記事検索

      人気ブログランキングへ

      埼玉の淡水魚図鑑

      2018/11/28発売予定

      日本の海水魚

      2018年改訂!

      日本の淡水魚

      山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚
      ギャラリー
      • 川採集 北海道 その13(十勝川水系) 2018/5/12
      • 川採集 北海道 その13(十勝川水系) 2018/5/12
      • 川採集 北海道 その13(十勝川水系) 2018/5/12
      • 川採集 北海道 その13(十勝川水系) 2018/5/12
      • 川採集 北海道 その13(十勝川水系) 2018/5/12
      • 川採集 北海道 その13(十勝川水系) 2018/5/12
      • 川採集 北海道 その13(十勝川水系) 2018/5/12
      • 川採集 北海道 その13(十勝川水系) 2018/5/12
      • 川採集 北海道 その13(十勝川水系) 2018/5/12
      • 川採集 北海道 その13(十勝川水系) 2018/5/12
      • 川採集 北海道 その13(十勝川水系) 2018/5/12
      • 川採集 北海道 その13(十勝川水系) 2018/5/12
      スポンサードリンク