たけろぐ

動物・植物メインのブログ.最近は日本の淡水魚ばっかり.

2017年03月

ドジョウ?キタドジョウ?カラドジョウ?

こんにちは.
3月18日は自宅でドジョウ採集!
水槽を数か月ぶりに掃除しました.
ドジョウ図鑑も出たことですし,ついでに我が家のドジョウたちを再同定してみました.

d_全身_R
我が家のドジョウたちを紹介します.
すべて埼玉県で採集した個体です.
上からドジョウオス,ドジョウメス,キタドジョウ?メスです.
少なくとも4年間は一緒に過ごしていて,ちゃんとそれぞれに愛称もありますが,ブログでは秘密です.

3個体ともカラドジョウではないことは明らかです.カラドジョウの場合,ひげがかなり長くなります.
下のメスだけはキタドジョウのような気がしています.ドジョウのメスに比べて体高が低いです.

d_背鰭_R
背鰭です.
左から,ドジョウオス,ドジョウメス,キタドジョウ?メスです.

d_顔
顔です.
上からドジョウオス,ドジョウメス,キタドジョウ?メスです.
この写真だけ見ると違いが無いようにも見えますが,角度が悪いです.
キタドジョウ?メスは胸鰭が小さいです(胸鰭だけでなく他の鰭も小さい).

P3180860_d2_胸鰭_2
P3180861_d2_胸鰭_2
ドジョウオスの胸鰭.
ドジョウ図鑑の個体ほど大きくない感じ.

P3180858_d2_尾鰭_2
P3180846_d1_尾鰭_2
ドジョウの尾鰭.上がオス,下がメス.

P3180868_d3_尾鰭_2
キタドジョウ?の尾鰭.
尾鰭前部鰭条数にはやはり違いがありそうですが,肉眼では正確な数はわかりません.
でも,ドジョウ図鑑のキタドジョウを見ると違いがない気もします…

ドジョウとキタドジョウ?の形態的な差はわずかでしたが,性格は全く違います.
キタドジョウ?は臆病で水槽に顔を寄せるとすぐに物陰に隠れるか砂に潜ります.
ドジョウも隠れますが,キタドジョウ?よりは接近を許します.

また,餌をあげるとドジョウはすぐに食べに来ますが,キタドジョウ?はなかなか姿を現しません.
最初の数か月は餌を食べてる姿を見たことはありませんでした.
最近は仲良くなったので人前でも餌をモフモフしています.

そして,キタドジョウ?の成長はドジョウに比べてかなり遅いです.
人前で餌を食べないことも原因の一つでしょうが,ドジョウ図鑑を見るとキタドジョウはそもそも成長が遅いようです.

以上のことから我が家の個体は「キタドジョウ?」ではなく「キタドジョウ」としても良いのかなと思っています.

海洋生物レッドリスト

環境省
http://www.env.go.jp/press/103813.html

水産庁
http://www.jfa.maff.go.jp/j/sigen/20170321redlist.html

環境省,水産庁から海洋生物のレッドリストが出ました.
水産庁が資源評価を実施している種は水産庁が評価し,それ以外は環境省が評価しています.
ただし,クロマグロなど二国間協定やWCPFC、IWCなどの多国間協定の対象として資源評価が行われる種はどちらも対象とされていません(オイ).
また,環境省と水産庁の評価方法はそれぞれ別です(オイ).

それにしても水産庁ェ…

基準EのCRの判定基準が高すぎて吹いたわ!それほぼ絶滅じゃん?

例えばホッケ(14枚目)なんかピークだった1998年から20年弱で90%くらいいなくなってるのに…
自然変動のせいだからいいだろ!的な?
まだ1億尾いるからいいだろ!的な?
1975年よりは多いからいいだろ!的な?

他にもCPUEが横ばいだからランク外とか…
そんな評価で大丈夫か?(大丈夫だ,問題ない)

できるだけ「ランク外」にしたかったのかな?

川採集 茨城県 2017/3/10 その3

こんにちは.

前回の続きです.

P3100922_ズーミミ
今回は写真のハゼについてです.

この2個体のハゼは10cm程度の石をめくった時に同時に網に入りました.

採った瞬間,黒い方は「イソミミズハゼっぽいな」と思いました.
白い方は「ミミズハゼかな?」と思いました.

P3100958_isomi3_2
まずは黒い方です.
尾鰭の様子からイソミミズハゼで良さそうです.

P3100954_isomi2
一応胸鰭の遊離軟条の様子です.問題ありません.

P3100953_isomi1
あんなに小さい腹鰭なのに壁面に張り付くこともできるようです.
ちょっと驚き.

P3100975_isomi6_2
次に白い方です.

P3100973_isomi5
パッと見た感じミミズハゼですが,2種が同じ石の下に仲良くいることなんてあるでしょうか?
この個体もイソミミズハゼで黒いやつとペアになっているんじゃないか?
と思いました.

P3100982_isomi8_2
それで,尾鰭をよく見ると,黒色素胞が尾鰭の縁辺には分布していないようです.
こちらもイソミミズハゼだったようです.

P3100990_isomi9_2
では,この2個体はペアなのかどうか…
白い方は横からの写真を見てもわかる通り卵を持っています.
つまりメスです.
産卵時期はこの時期のようです.
ミミズハゼと同じ感じ?

P3100963_isomi4_2
黒い方は…写真が良くないですがオスっぽいですね.

おそらくこの2個体はペアで,これから産卵するところだったのでしょう.
なんか悪いことをしました.

こちらの記事にもイソミミズハゼのメスの写真があります.

P3100976_isomi7
薄い色のイソミミズハゼとミミズハゼの違いについてですが,鰭の位置関係が使えるかな?
となんとなく思っていますが,気のせいかもしれません.

P3100998_isomi10_2
イソミミズハゼは少なくとも産卵期は雌雄で色彩が異なることがわかりました.
という記事でした.

イソミミズハゼの研究が進みますように.
また次回.

川採集 茨城県 2017/3/10 その2

こんにちは.

前回の続きです.

2地点目も茨城県ですが,利根川水系から離れました.
河口部にやってきました.もう夜です.

P3100922_ズーミミ
同じ石の下から2個体のズーミミが!

P3100924_bora1_2
ボラちゃん.

P3100950_ago1_2
アゴちゃん.

P3100936_mutsu1_2 P3100938_mutsu2 P3100941_mutsu3_2
ムツカジカ.
沢山いました.口ちっさ!

P3100945_mutsu4_2 P3100949_mutsu6 P3100946_mutsu5_2
別個体.
上の個体もこの個体もほぼ海水の場所で採りました.

次回に続きます.

川採集 茨城県 2017/3/10 その1

こんにちは.

自動車のフロントガラスが割れたのに続いて,自転車の後輪が裂けました.自動車は自分の力ではどうにもならなそうですが,自転車のタイヤ交換なら何とかなると思い,自分で交換することにしました.
工具を揃えることから始めたので合計で6000円くらいかかりましたが,無事にタイヤ交換できました.次回からはタイヤだけ買えば良いので2000円くらいで交換できそうです.
自転車の後輪は6年くらいでダメになることを覚えておきます.
そしてお金が足りないので,今年の川遊びはこれが最後になるかもです.
(ドジョウ図鑑買いたかったけどsp.だらけだったから見送ってもいいかな…)

というわけで3月10日の金曜日に川に採集に行きました.
1地点目は茨城県利根川水系です.

P3100901_chiten1
岩盤の上に泥が積もった河床です.
油が浮いていて何も期待できない水路です.

P3100903_tsuchi1_2 P3100905_tsuchi2_2 P3100907_tsuchi3 P3100909_tsuchi4
ツチフキかわいいよツチフキ

P3100911_tamo1_2 P3100912_tamo2_2
タモロコ

P3100913_yoshi1_2 P3100915_yoshi2_2
トウヨシノボリ雌.
アレが無ければクロダハゼにするんだが…
cf. kurodaiって感じ.

あとはミナミメダカやコイも確認しました.
今回はここまで.
また次回.
記事検索

人気ブログランキングへ

日本のタナゴ

2020年3月発売!

日本の水生昆虫

2020年1月発売!

日本の淡水魚

2019年10月改訂!

読者登録
LINE読者登録QRコード
ギャラリー
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
スポンサードリンク

Minecraft
Minecraft PEの記事はこちらに引っ越しました!
http://blog.livedoor.jp/icff-minecraft/
  • ライブドアブログ