たけろぐ

動物・植物メインのブログ.最近は日本の淡水魚ばっかり.

自然を食べよう

自然を食べよう7【ヘビ編】

こんにちは。
先日、近所の道路でノウサギを見ました。
凄い田舎なんだと実感しました。

今回は自然を食べよう第7回です。
山菜以外の自然で捕れるものを食べるカテゴリです。

山菜はこちら

今回は「ヘビ」をいただきましょう。
道路を走っていたら見つけました。
771dd3c1.jpg

ジムグリちゃんです。

そもそも、関東に住むヘビといえば
アオダイショウ
ヒバカリ
マムシ
シマヘビ
ジムグリ
ヤマカガシ
思いつく限りこれくらいいますが、
毒を持つヘビはマムシとヤマカガシだけです。
沖縄にはハブ類もいますが。

なので、マムシとヤマカガシの特徴さえ覚えておけば
もうヘビにビビることはないでしょう。
771dd3c1.jpg

それで、このジムグリちゃんはとってもおとなしいヘビなので、
咬んで来ることはあまりありません。
地面に潜る性質があるから「ジムグリ」という名前だとか。
今回はたまたま見つけられてラッキーでした。

ヘビについて熱く語りたいところですが、続きはまたの機会にでも。

ヘビの食べ方


①頭を落とす
eb09d244.jpg

まあ、写真は見せられません。
頭は食べられないので、首の部分で切ります。

②皮をむく
18ca077e.jpg

頭側の先に少し切れ目を入れてから手で引っ張ります。
かなりの力が必要です。
文章じゃ伝わらないかもしれません。
なんということでしょう!
内臓も一緒に取れます。
内臓を食べるというのは聞いたことはないですが、どうなんでしょう?

③準備完了
e9dd516c.jpg

皮をむき終わった姿。
生きたままさばいた場合、この状態でも動きまくります。
今回は焼いて食べるので、塩を振っておきます。

④完成!
40395d68.jpg

魚焼き用グリルでこんがりと。
味は鳥に近く、美味です。
食感は例えるならアジの開きの表面の部分。

c43fbd59.jpg

ごちそうさまでした!

いかがでしたか?
「自分で捌くのは無理!」という方は群馬県のへびセンターでマムシを食べることが出来ます。
高いから私は食べませんが。
それから、アオダイショウはあまりおいしくないと聞いたことがあります。
食べ比べてみるのもいいかもしれません。

今回はここまで。
また次回。

自然を食べよう6【ざざむし調理編】

こんにちは。
4月に入りましたね!
家の周りでもようやく桜が咲き始めたようです。

さて、今回は前回の続きです。


――前回のおさらい
ざざむし捕獲編(前々回)
ざざむし同定編(前回)
60e18530.jpg

ざざむしがいっぱい捕れたぞ!
よし、食うぞ!

おさらいここまで


ざざむしをどう食べるか、考えましたがやっぱりここは
醤油と砂糖、みりんで煮るのが一番!

ということで早速鍋にイン。
21b4da3c.jpg
 c0977e70.jpg

嫁が鍋を使わせてくれなかったので飯盒ですが気にしないでくださいね!

煮込むこと数分で完成!
7dbfa3e8.jpg


e0cca871.jpg
 b670c092.jpg
 b88198b9.jpg

左からトビケラ、カゲロウ、カワゲラです。
トビケラは少し縮みました。

私もなんだかんだで初めて食べるんですよね、ざざむし。
でも昆虫だからきっとエビっぽい味がするんだろうなぁ……

パクッ…… …… ウッ! ……

独特の風味が口いっぱいに広がります。
味は、なんというか「見た目どおり」です。虫の味。
エビっぽい味はしません。
あえて例えるなら「味のない栗」に近いです。
うまくはないが食えなくもない、そんな食べ物です。
長野にはほかに食べ物がないのでしょうか?

ちなみに三種類とも味の違いはそれほどないので安心して食べてください。

いかがでしたか?
皆さんもぜひお試しを。
最後に「川の生き物おいしさ格付け」を発表しておきますね。
参考にしてください。
今回はここまで。
また次回。


川の生き物おいしさ格付け
A テナガエビ マハゼ ニホンウナギ
B 川エビ(テナガエビを除く) オオウナギ マナマズ
C ざざむし フナ
D 多摩川産アユ
E 多摩川産シジミ
(個人の感想です)

自然を食べよう5【ざざむし同定編】

こんにちは。
最近は暖かくて気持ちいいですね。
これで花粉症がなければ最高なんですが……

今回は前回に引き続き「ざざむし」ですね。

前回のおさらい

60e18530.jpg

ざざむしがいっぱい捕れたぞー!

―おさらいここまで―


さて、今回はどんな虫が捕れたのか見ていきましょう!
ちなみにすべて幼虫ですよ。

8e65c456.jpg
 2d94ab83.jpg

まずはこいつ。
このブログにも登場したことがありますね。
ヒゲナガカワトビケラちゃんです。
長い顔したむちむち野郎です。
お土産で売ってるざざむしはこの虫です。
ざざむしで一番おいしいんだとさ。

78fa2ec3.jpg

続いてはカゲロウたちです。
ヒラタカゲロウ属の一種、おそらくナミヒラタカゲロウです。
けっこう捕れました。

P3112346.jpg
こいつもたまにブログで出てきましたね。
チラカゲロウです。
非常に同定しやすくてよろしい。
1個体だけ捕れました。

d2156c35.jpg

初登場(たぶん)!オオマダラカゲロウです。
前肢がとげとげしています。頭の2本ヅノも特徴です。
1個体だけ捕れました。

91ec1717.jpg

こいつの名前はよくわかりませんでした。
マダラカゲロウ科の一種と思われます。
誰か教えてください。
1個体だけ捕れました。

87db9270.jpg

最後はカワゲラ。
コグサヒメカワゲラであろう。
釣り人が「キンパクよこせや!」と言ってきたらこいつを渡してあげましょう。喜びます。
そこそこ数が捕れました。

こんなもんです。
予想より種類が多く捕れました。
1個体だけしか捕れなかった3種は食べるのはやめました。
我が家の「とうよしちゃん(トウヨシノボリ)」のご飯になりました。

次回は食べますよ!

――いよいよこの時がやってきた。
ざざむしは食えるのか。おいしいのか。Let's cooking!
次回、自然を食べよう6【ざざむし調理編】 お楽しみに!



気づけば3月ももう終わりそうじゃん!
3月中に書こうと思った記事がまだあるのに間に合わねーなこりゃ……

自然を食べよう4【ざざむし捕獲編】

こんにちは。
結婚などしてたらだいぶ間が空いてしまいました。
またぼちぼち更新していきたいと思います。

今回は冬が旬!ざざむしです!
冬ももう終わりですけどね。

「ざざむし」って何ぞや?というと、

b73d88d0.jpg
こんなのや、

e9ac8881.jpg
こんなのや、

69c6a480.jpg
こんなのです。

要は水生昆虫を食べる時の総称です。
長野県ではお土産としても売られているようです。

「長野まで行くのはだるい」
「長野ってどこ?」
「俺は自分の捕ったものしか食わん!」
っていう方のために今回は私が一肌脱ぎましょう。

bc4f6654.jpg

自宅近くの川です。私もさすがに長野まで行くのはだるい!

冬の川はとにかく寒いので防寒をしっかりしましょう。
346f3fdf.jpg

稚魚たちが群れています。アブラハヤかな?
川も春の準備の真っ最中。

虫たちは石の下に隠れているのでうまいこと捕まえましょう。

がさっ…がさっ……

60e18530.jpg

とれました!
あまりの寒さに30分でギブアップでした。

――ざざむしを無事に捕獲することができたにらみん。
そもそもざざむしってどんな昆虫のことなのか。
次回、自然を食べよう5【ざざむし同定編】 お楽しみに!

自然を食べよう3【カエル編】

こんにちは。
正月休みは1年の中で唯一の5連休です。
最高です。

先日、仕事中に見つけてしまいました。
97e33515.jpg
 11bd752e.jpg

アズマヒキガエルです。
冬眠中を起こしてしまいました。
ですが、おいしいカエルなので持って帰ることにしました。


カエルを食べよう!

①活きがいい場合は頭を叩いて気絶させる
  カエルが暴れないようにします。

②頭を切り落とす
  eb09d244.jpg

  血がすごいので写真は見せられません。
  カエルは食べられますが毒を持っています。
  写真の赤丸のところをつまんでみると、白いものが出てきます。それが毒です。
  包丁についた場合はよく洗い流しましょう。
  75b0e8e9.jpg

  頭は食べられないので捨てましょう。

③胴体を真っ二つに切る
  eb09d244.jpg

  上半身と下半身に分けます。
  先に内臓を取ったり皮をむく人もいますが時間がかかります。
  ワイルドにぶった切ってしまった方が手っ取り早いです。

④内臓を取る
  c7bf2bb9.jpg

  内臓を取り除きよく洗います。
  内臓は食べません。

⑤手足の先を切る
  d71f7c56.jpg

  手足の先は皮をむくときに邪魔になるので切り落としてしまいます。

⑥皮をむく
  bac0c172.jpg

  結構簡単にむけるはずです。
  皮は毒ありで食べられません。

⑦から揚げにする。
  2bbbb7e5.jpg

  油でじっくり揚げます。

⑧食す
  味はよく言われる通り「鶏の味」です。
  若干違いますけどね。
  ちなみに生でも食えるみたいです。
  私はやりませんが。

  2837953d.jpg

  ごちそうさまでした。

いかがでしたか?
やはりヒキガエルくらいの大きさになると食べごたえがあります。
昔アカガエルを食べたことがありますが、小さすぎて食べた気がしないし毒で舌がしびれるし散々でした。
ウシガエルなんかはもともと食用として輸入されたものなのでウシガエルから試してみるといいかもしれません。

今回はここまで。
また次回。
記事検索

人気ブログランキングへ

日本のタナゴ

2020年3月発売!

日本の水生昆虫

2020年1月発売!

日本の淡水魚

2019年10月改訂!

読者登録
LINE読者登録QRコード
ギャラリー
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
スポンサードリンク

Minecraft
Minecraft PEの記事はこちらに引っ越しました!
http://blog.livedoor.jp/icff-minecraft/
  • ライブドアブログ