たけろぐ

動物・植物メインのブログ.最近は日本の淡水魚ばっかり.

魚類学

【サイウオ科】日本産サイウオ属7番目の種

Ho, H.-C., Endo, H. & Chu, T-W. 2020. A new species of the codlet genus Bregmaceros from the western Pacific Ocean (Gadiformes: Bregmacerotidae). Zootaxa, 4786(4): 565-573.

日本産サイウオ属魚類が1種増えました.

ゴマフサイウオBregmaceros retrodorsalis Ho & Endo, in Ho, Endo & Chu, 2020

これで日本産サイウオ属は以下の7種となります.

セイヨウサイウオ
サイウオ 写真
トヤマサイウオ 写真
クロハラサイウオ
ミナミサイウオ
ゴマフサイウオ
インドサイウオ

日本産魚類全種リストと私のリスト

今更ですが,日本産魚類全種リスト(JAFリスト)というものが公開されています.
だれでも自由に利用できるすんごいリストです.
現在,ver. 2まで出ています.

今回はこの全種リストと,私が作り続けている全種リストを見比べた結果をメモしていきます.

■学名が異なるもの(海水魚のみ,これで全部ではない)

●ニジギンザメ
私のリストではムラサキギンザメの新参異名(Weigmann, 2016).

●オオシロアナゴ
私のリストでは属名は中性なので種小名はmajusのまま.

●クロマスクイワシ
私のリストではクログチイワシの新参異名(中坊・甲斐, 2013).

●ホソワニトカゲギス
私のリストではStomias(Fink, 1985).

●クマドリホシエソ
私のリストではAristostomias(Fink, 1985).

●ヒレナシトンガリハダカ
私のリストではLampanyctus sp.(Martin et al., 2018).

●ハシキンメ
分類学的混乱があるため,私のリストではjaponicusのまま.

●ハリダシエビス
●ミナミハリダシエビス
私のリストではそれぞれAulotrachichthys(林, 2013).

●テングトクビレ
私のリストではLeptagonus(中坊・甲斐, 2013).

●ホシセミホウボウ
私のリストではDactyloptena(甲斐, 2018).

●コロダイ
私のリストではPlectorhinchus(Tavera et al., 2018).

●ヒメコトヒキ
私のリストではEutherapon(Kottelat, 2013).

●ナガヅカ
私のリストではStichaeus(Fricke et al., 2020).

●タスジウミシダウバウオ
私のリストではLepadichthys(Fricke et al., 2020).

●アイコバンハゼ
私のリストではsp.(鈴木・渋川, 2014).

●カスリハゼ
私のリストではMahidolia(Kottelat, 2013).

●ナメラハギ
私のリストではクログチニザの新参異名(島田, 2013).

●ヤマトカマス
私のリストではjaponica(Kottelat, 2013).

●シモフリガレイ
私のリストではMicrostomus(Vinnikov et al., 2018).

●ドロガレイ
私のリストではウマガレイの新参異名(Vinnikov et al., 2018).

●ハナガレイ
●スナガレイ
私のリストではそれぞれMyzopsetta(Vinnikov et al., 2018).

●トウガレイ
私のリストではLiopsetta(Voronina & Chanet, 2014).

●ヤナギムシガレイ
私のリストではGlyptocephalus(Vinnikov et al., 2018).

●トガリアンコウザメ
私のリストではmacrorhynchos(White et al., 2010).

●アブラツノザメ
私のリストではsuckleyi(Weigmann, 2016).

●ソコアイアナゴ
私のリストではparvibranchialis(Smith et al., 2018).

●カタボシイワシ
私のリストではlemuru(暫定).

●イトヒキハゼ
私のリストではParagobius(Kottelat, 2013).

●ミツバイソハゼ
私のリストではmaculosa(Greenfield et al., 2018).

●イモトフエダイ
私のリストではxanthopinnis(Iwatsuki et al., 2015).

●ヒレグロホテイエソ
私のリストではfilipendulus(Prokofiev, 2019).

●Paramyxine fernholmi
私のリストではMyxine(Fernholm et al., 2013).

■私のリストでは日本産魚類としていないもの

●アリゲーターガー
●ショートノーズガー
●サビハリガネウミヘビ
●ステファンデメエソ
●ガラテアフクメンイタチウオ
●エンパイアガジョン
●オクバオニボウズギス
●コワモテワニグチボウズギス
●トウホウソコキホウボウ

■私のリストでは日本産魚類としているもの(学名未確定種は除く)

●Myliobatis hamlyni
●アケボノウツボGymnothorax punctatofasciatus
●Channomuraena vittata
●Saurenchelys gigas
●ヨーロッパウナギAnguilla anguilla
●キンギョCarassius auratus
●パールダニオDanio albolineatus
●ゼブラダニオDanio rerio
●ファットヘッドミノーPimephales promelas
●アカヒレTanichthys albonubes
●キクチムツAphyocypris kikuchii
●スノープレコPterygoplichthys ambrosettii
●アマゾンセイルフィンキャットフィッシュPterygoplichthys pardalis
●ウォーキングキャットフィッシュClarias batrachus
●シナノユキマスCoregonus maraena
●Synodus rubromarmoratus
●Vanderhorstia nobilis
●Eviota nebulosa
●Eviota punyit
●Arcygobius baliurus
●Trimma gigantum
●Trimma preclarum
●Trimma stobbsi
●Trimma striatum
●Trimmatom eviotops
●Amblygobius cheraphilus
●ブルーティラピアOreochromis aureus
●Symphurus leucochilus
●Hippocampus bargibanti
●Synchiropus tudorjonesi
●ストッキー・サンド・タイルフィッシュHoplolatilus fronticinctus
●フジイロサンゴアマダイHoplolatilus purpureus
●Hoplolatilus starcki
●Bodianus neopercularis
●Chlorurus capistratoides
●Choerodon typus
●キスジイラChoerodon zamboangae
●ルボックス・ラスCirrhilabrus lubbocki
●Cirrhilabrus ryukyuensis
●Halichoeres kneri
●Leptojulis lambdastigma
●Leptojulis urostigma
●Novaculops halsteadi
●Pseudocoris ocellata
●Pteragogus cryptus
●Pteragogus enneacanthus
●Wetmorella albofasciata
●サミダレハタCephalopholis cyanostigma
●サンコウメヌケSebastes flammeus
●コンニャクハダカゲンゲMelanostigma orientale
●Naso reticulatus
●Scolopsis trilineata
●Monotaxis heterodon

【ダンゴウオ科】ダンゴウオ属復活か?

Voskoboinikova, O.S., Kudryavtseva, O.Y., Orlov, A.M., Orlova, S.Y., Nazarkin, M.V., Chernova, N.V. & Maznikova, O.A. 2020. Relationships and Evolution of Lumpsuckers of the Family Cyclopteridae (Cottoidei). Journal of Ichthyology, 60(2): 154-181.

ダンゴウオ属Lethotremus Gilbert, 1896は有効という見解です.
もし,ダンゴウオ属が有効ならば,日本産ダンゴウオ属はダンゴウオ1種のみとなります.
サクラダンゴウオはイボダンゴ属のままです.

また,コブフウセンウオとナメフウセンウオをコンペイトウのシノニムとしていないとかなんとか…
この辺はもう少し研究が必要なのかもしれません.

関連

【ハタ科】ホウセキハタの学名変更か?

Wu, H., Qu, M., Lin, H., Tang, W. & Ding, S. 2020. Epinephelus tankahkeei, a new species of grouper (Teleostei, Perciformes, Epinephelidae) from the South China Sea. ZooKeys, 933: 125-137.

南シナ海からEpinephelus属の新種が記載されました.

Epinephelus tankahkeei Wu, Qu, Lin, Tang & Ding, 2020

日本産の標本は登場しないのですが,おそらくこれはホウセキハタと思われます.
ホウセキハタの写真を見ると尾鰭の形は今回の新種と同じです.


【ハタ科】Cephalopholis cyanostigmaに和名が付きました.

Nakamura, J., Sakurai, Y., Yoshino, T., Motomura, H. 2020. The Bluespotted Hind Cephalopholis cyanostigma (Perciformes: Serranidae) from the Southern Ryukyu Islands: First Specimen-based Records from Japan. Species Diversity, 25: 129-133.

Cephalopholis cyanostigmaに和名が付きました.

サミダレハタCephalopholis cyanostigma (Valenciennes in Cuvier & Valenciennes, 1828)

以前から日本に分布することが知られていましたが,写真だけでした.
今回標本をもとに和名が付きました.


記事検索

人気ブログランキングへ

日本のタナゴ

2020年3月発売!

日本の水生昆虫

2020年1月発売!

日本の淡水魚

2019年10月改訂!

読者登録
LINE読者登録QRコード
ギャラリー
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
スポンサードリンク

Minecraft
Minecraft PEの記事はこちらに引っ越しました!
http://blog.livedoor.jp/icff-minecraft/
  • ライブドアブログ