たけろぐ

動物・植物メインのブログ.最近は日本の淡水魚ばっかり.

日記

コピペ論文を見つけた話

昨日と今日のできごと.
Google Scholar内をウロウロしていたところ,下記の論文を見つけました.

Bolton, G. & Komatsu, H. 2019. First Japanese Record of the Barred Perchlet Plectranthias fourmanoiri. CCAMLR Science, 26(1): 5-9.

この論文はMurdoch大学のサイトで見ることができました.

MurdochU

Murdoch大学のサイトによれば,この論文はCCAMLR Science誌に掲載されていることがわかりました.
しかし,CCAMLR Science誌は現在のところ2016年までの論文しか見ることができません.



で,この論文ですが,下記論文のコピペであることは明らかです.

Tashiro, S. & Motomura, H. 2017. First Japanese Record of the Barred Perchlet Plectranthias fourmanoiri (Actinopterygii: Perciformes: Serranidae) from the Ryukyu Islands. Species Diversity, 22: 81-85. DOI: 10.12782/sd.22_81

コピペ論文の方はAbstractもReferencesも滅茶苦茶に改変されています.
読む価値もない論文ですが,せっかくなので,なぜこのような論文を出したのか質問しようと思い,論文内に書いてある著者のアドレスにメールをしました.

しかし,メールアドレスは存在しないものでした.
(メーラーデーモンさんに会うのは久しぶりでした)


「それにしても「CCAMLR Science」という雑誌はよく知りませんが,よくこんな論文を掲載できたものです.本当にpeer-reviewed journalなん?」
と思ったので,CCAMLR Science誌に問い合わせました.
 ・ちゃんとした著者のメールアドレスを教えてくれ
 ・もしかして論文の撤回の依頼とか来てます?

と.
そしたら,Science Managerより返信をいただきました↓

「Thank you for your email.  I am afraid that the paper that you are referring to is not a true publication from CCAMLR Science. The CCAMLR Secretariat became  aware last year of a website purporting to represent the publication CCAMLR Science. The site http://www.ccamlrscience.com has gone to great lengths to appear as a legitimate site to the extent of harvesting actual content from the CCAMLR website and recently supplementing with non-CCAMLR but related content obtained elsewhere. The purpose of the site is to fool potential publishers into submitting content for a fee. See https://en.wikipedia.org/wiki/Predatory_publishing for more detail on this practice. The CCAMLR Secretariat has contacted the domain registrar (GoDaddy) and requested the domain be delisted.」

…闇を見ました.
なんとなんとそもそもこのコピペ論文はCCAMLR Science誌に実際に掲載されている論文ではないということです.
CCAMLR Science誌は何も悪くありませんでした.
疑ってしまい申し訳ありませんでした!!!!

改めてPredatory publishing(捕食出版)のWikipediaです.

じゃあ、上で紹介したこの論文を置いているMurdoch大学のサイトももしかして偽サイト?
と思いましたが,どうやらこちらは公式のようです.
トップページからコピペ論文のページにたどり着くことができました.

なのでMurdoch大学にはコピペ論文を削除するようにお願いしました.
無事に削除されましたとさ.
おしまい.

フグ飼育2年6か月

こんにちは.
今回は半年に1回行われる我が家のフグの身体測定結果をお伝えします.
とはいっても,標準体長だけですが.



↑前回の記事です.

P2240068_ワモンフグ_2
129mmSL.
餌はイカ類とバナメイエビとアサリ(スーパーで腐りかけている安いやつ)がメインです.
食べやすいように細かく切りますが,噛むのも大事だと思うので幅1cm程度にしています.
貝類が特に好きなようで,アサリからまず食べます.
カーニバルは在庫切れと同時に辞めました.
ただ,栄養が偏っている可能性もあるので人工飼料はまた与え始めるかもしれません.


↑お食事シーンの動画です

やけどで欠けた胸鰭もだいぶ伸びました.少し変な形ですが.
いつの間にか鰓蓋の後方にケガがあるのですが,いつまでたっても直らないのが気になるところ.
これは栄養不足が原因かも?

水は年明けからほぼ海水の塩分に変えました.
具合悪そうにしていたのと胸鰭付け根のケガが気になったので.
具合悪そうにしていたのはただ単に水替えをさぼっていたためと思われ.

稀に,特に水替えをして水がきれいになると,膨らみます.
手でなでたり,体を持って水から出したりしても膨らみません.
水が汚いときは目を瞑るようになりました.初めて見たとき変な声出ました.

というわけで今回はここまで.
また次回.

生物分類技能検定 2級 動物部門 合格しました

こんにちは.
昨年受けた生物分類技能検定の結果通知が昨日届きました!
前回水圏生物部門合格したので今回は動物部門に挑戦しました.

P_20200205_212939

結果は合格!ギリギリ(笑)
試験直後の自己採点でもうだめぽ と思っていましたが,なんとか一発合格!僥倖!

せっかくなので今回も集めた資料と勉強法を書いていきます.


P_20200205_220850
まずは例によって過去問を購入しました.
これがないとスタートラインに立てません.


1600円くらいです.
中古で書き込みがあると嫌なので新品を購入しました.

試験は「生物の一般問題」と「専門問題」からなります.
勉強するときは「生物の一般問題」は後回しにします.
対策が難しいので勉強しなくても良いくらいです.
とにかく「専門問題」でちゃんと点が採れるようにした方が良いです.
これらは水圏生物と同じですね.

●哺乳類

覚えておくべきはネズミ類の識別と,コウモリ類の分布と大まかな生態・形態的特徴です.
その他の哺乳類も形態的な特徴や分布を覚えました.
海産哺乳類もたまに出てくるので目は通しておきました.
家に図鑑がなかったので,フリマアプリで図鑑を購入.

P_20200205_220901
くらべてわかる哺乳類

日本の哺乳類すべてが載っているうえ,安かったので購入.
ただこの1冊だけでは情報が全然足りませんでした.
わからないことはネットで調べました.
今回不合格だったら「The Wild Mammals of Japan 2nd ed.」も購入するつもりでした.

●鳥類

鳥類は分類体系すらよくわかっていなかったのでそこから勉強スタート.
過去問に出てきた種の分類学的位置は覚えました.
そして過去問に出てきた種については夏鳥か冬鳥か留鳥かは覚えました.
あとカッコウ科は頻出.

家にはしょぼい野鳥図鑑しかなかったので新しく図鑑を購入.

これは良い本ですね.分類もわかります.
中古でしたが,前の持ち主が誤植をメモで直してくれていたので良い買い物でした.
各種の和名と形態を一致させるために1日1回通して読みました.
試験までに10回くらいは読んだと思います.

●爬虫類・両生類

種は多くないので分類体系はしっかり覚えました.
南西諸島は島単位で分布を覚えたいところでしたが,ちょっと無理でした.

爬虫類の図鑑は新しく購入.両生類は家にあるもので勉強しました.
両生類はサンショウウオ類の新種記載ラッシュがあったので図鑑を買うには時期が悪いと判断.

P_20200205_224052
野外観察のための日本産爬虫類図鑑 第2版
「日本のカエル+サンショウウオ類」

日本のカエルの方は増補改訂版ですらなく,まだハコネサンショウウウオ属が1種だったころの図鑑です.
爬虫類の方はこの本があれば十分だと思います.良い本です.

●魚類

普段から魚類の勉強はしているので試験対策はしませんでした.
過去問も特に間違えませんでした.

P_20200205_224410

淡水魚しか出ないので水圏生物部門より簡単です.
この本があれば良いです.分類体系はしっかり覚えましょう.

●昆虫

過去問によく出てくるバッタ類やセミ類,カミキリムシ類などは分類体系もざっくり覚えました.

P_20200205_224424
昔購入した図鑑です.おもにこれを眺めて過ごしました.
和名をどれだけ多く知っているかが勝負です.

P_20200205_224511
「原色昆虫大図鑑」
そんなに高くなかったので購入しました.
まあ,こんなに分厚いものを読んでいる時間はないのですけどねwww

実物の問題はヤゴかセミです.
各部の名称を押さえ,トンボは科の識別が,セミは代表的な種の特徴がわかれば問題なしです.

以上,収集した資料と勉強方法はこんな感じでした.
あとは外来種やレッドリストの掲載種は少し詳しく勉強しておくと良いかもです.

……

……

え?

クモはどうしたかって?

……

……

捨てましたwwww

勉強した期間は1か月強でした.
これはあくまで私の体感ですが,動物部門は水圏生物部門の1.5倍難しいです.
どの分野もマニアックな問題が多いです.
これから受ける方は頑張ってください.

日記

こんにちは.
なんか昨日のアクセス数がすごいことになっていたのですが、生物分類技能検定の試験日だったのですね。

皆さん手ごたえはいかがでしたか?
ダメそうな、あるいはダメだった人はまた来年頑張りましょう!

水圏生物は今年はどんな問題が出題されたのでしょう?

日記

3連休でした.
今日は近所に買い物しに行っただけでしたが,昨日は電車で出かけてきました.

P_20190915_160714

ウルトラヒーローソングライブ!
とても良かったです.
また1週間頑張れそうです.
記事検索

人気ブログランキングへ

日本のタナゴ

2020年3月発売!

日本の水生昆虫

2020年1月発売!

日本の淡水魚

2019年10月改訂!

読者登録
LINE読者登録QRコード
ギャラリー
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
  • 川採集 東京都 多摩川水系 2015/4/18
スポンサードリンク

Minecraft
Minecraft PEの記事はこちらに引っ越しました!
http://blog.livedoor.jp/icff-minecraft/
  • ライブドアブログ